検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

ゲームライターとは

在宅でできるアルバイトは多くありますが、ゲーム好きで文章を書くことが苦労でないのであれば、ゲームライターを目指してみましょう。
ネットゲームのライターはサイト上で募集されることが多いのが特徴です。
気に入ったゲームがあって、書くことが好きで、時間に余裕があるのであれば、こうしたサイトのライター募集にチャレンジしてみることをおススメします。
数人から数十人が参加して一つのゲームを作るプレイバイウェブと呼ばれる多人数同時参加型ゲームなどでは、初心者でもライターになれる道が開けています。
報酬はランクによって決められていて、一文字0.3円から1円程度になります。
また、ゲームの規模によっても異なります。
最初は定額のアルバイト料であっても、人気のあるゲームライターになれば報酬もアップします。
こうしたライターからは、ライトノベル作家として活躍している人も出ています。
受注する分量を自分で決めることができるので、学生や主婦、会社員でも週末だけの作業で仕上げることも可能です。
自分の得意なジャンルを扱っているゲームを探して見ましょう。
最初は安い時給であっても、人気が出てくれば大きく収入がアップできるのが魅力のアルバイトです。

ゲームライターをやってみたら

在宅アルバイトで人気のゲームライターですが、長く続けるにはコツがあるようです。
まず、発注元やゲームユーザー要望にこたえた文章を書く能力を要求されます。
ネット上で発表する作品なので、読み手の期待に沿えなかったときには、ネットで辛らつな感想が出ることもあります。
また、納期に間に合わせる能力も要求されます。
短期間で相手の望む文章を仕上げる能力は初心者には難しく、余裕をもって仕事に取り組むことが大切になります。
納品はパソコンを使って行います。
基本的なエクセル技術などを持っていないと、納品作業にてこずる可能性もあります。
慣れを要求される仕事なので、最初は思うように収入を得ることができないこともあるでしょう。
最初の1年程度は、低時給であっても構わないと心を決める余裕も必要になります。
慣れてくれば要領もよくなり、収入も上がってくるので、給与の安さにめげずに続けてみましょう。
ゲームライターの収入だけで生活しようと思うと、最初の数年はキツイかもしれません。
ゲームライターとしてゲーム会社と顔見知りになり、正社員として営業職、編集などで活躍している人もいます。
将来、ゲーム会社で働きたい希望があるのであれば、入り口として覗いてみるのもよいと思います。