検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

深夜の働き

同じ仕事内容でも、昼間に比べて多くの時給がもらえるのが深夜のアルバイトです。
24時間営業の店舗や業種が増えている今、さまざまな深夜アルバイトが存在しています。
代表的な深夜アルバイトは、コンビニエンスストアやファミリーレストランなどの外食産業でしょう。
どちらも昼間より高い時給で深夜勤務することができます。
深夜勤務のメリットは時給だけではありません。
どちらも来客が多いのは、日中です。
深夜は来客も少なく、仕事内容も簡単になっています。
防犯面を感じるときには、防犯カメラが設置されていたり、2人以上のシフトがなされているアルバイトを探すようにしましょう。
接客業はちょっと苦手という人には、清掃系の深夜アルバイトがおススメです。
夜間清掃の仕事は体力が必要とのイメージがありますが、清掃器具が画期的によくなっていることもあって、かつてのような重労働ではなくなっています。
他にも、カラオケボックスやマンガ喫茶なども深夜勤務があります。
ファミリーレストランのような外食産業と異なり、愛想がなくても大丈夫なのも魅力です。
24時間スーパーや薬局など、さまざまな業種で深夜のアルバイトを募集しています。
夜に仕事できる人であれば、昼間より高い時給で働くことができるので、気に入った業種で探してみましょう。

深夜アルバイトを始める前に

日中より時給のよい深夜アルバイトにも問題点はあります。
深夜のアルバイトが自分にあっているかどうか見極めてからはじめるようにしましょう。
コンビニエンスストアやファミリーレストランの場合、シフトによっては店を一人で任される時間帯が出てきます。
強盗などの心配だけでなく、酔客や犯罪トラブルに巻き込まれる可能性もあります。
こうしたトラブルに対するマニュアルがしっかりとできている会社を選ぶことが大切です。
カラオケボックスや居酒屋では、深夜になると、酔っ払って暴れたり器材を壊したりする来客者もいます。
勤務する前に、その店舗の深夜状態がどのような感じなのか試してみることも大切です。
実際に客となって確認してみることも大切でしょう。
また、通勤手段や通勤道路についても確認が大切です。
早朝でも人気のない道を通って帰宅するのは怖いものです。
帰宅時間の街の様子なども調べてみましょう。
コンビニエンスストアやマンガ喫茶などの深夜勤務では、暇すぎて時間の潰し方がない、なんていう贅沢な悩みも出てくるようです。
動いている方が楽しい、誰か話し相手が欲しいという人にとっては、一人で行う暇なアルバイトはつらいものです。
自分の気質や適正を考えて、アルバイト先を決めるようにしましょう。