検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

家庭教師というアルバイト

学生に人気の高額アルバイトが家庭教師です。
最近では、塾講師にも学生が増えています。
個別塾の講師であれば、家庭教師のように生徒宅に行かなくても塾内でアルバイトをすることができます。
家庭教師になるのは、家庭教師センターなどに登録するか、地域のシーパーや公民館の掲示板などに生徒募集の案内を掲示するのが一般的です。
また、通っている大学の学生課などに相談することもできます。
登録センターから紹介されるよりも、直接に契約したほうが中間マージンなどがないので、より高額でアルバイト料を受けることができます。
ただし、家庭教師歴が全くない場合、生徒の獲得に苦労することも多いようです。
登録センターを利用すれば、生徒の確保はスムーズになります。
時給は、家庭教師先が求めている難易度によって変わります。
同じ小学生を見るのでも、学校の授業範囲を教えるのと、中学受験用の勉強を見るのでは難易度が異なります。
また、受験する中学によっても変わります。
難易度があがるほど時給はアップします。
受験生を受け持つ子とのできる家庭教師は、其の時期以外よりも高い時給を得ることが可能です。
高校受験よりも大学受験の家庭教師のほうがアルバイト料は高く設定されています。

家庭教師の注意点

家庭教師を頼むのは、子どもの学力を上げて欲しいからです。
成績があまりあがらない場合は、トラブルに発展することもあります。
個人間の契約では、家庭教師代の未払いなどに悩まされることもあるでしょう。
家庭教師センターなどを利用して契約すれば、時給は個人間よりも下がりますが、契約トラブルの可能性は低くなります。
また、家庭教師先の家族と仲良くなりすぎてしまって、勉強時間が長時間になったり、思わぬ弊害が生まれることもあります。
程よく生徒と距離をとって学習をしたいときには、個別塾などの講師もおススメです。
個別対応の塾では、学生アルバイトを常時募集しています。
時給は家庭教師とほぼ同程度です。
個別対応塾で講師を行うときには、時給に含まれている時間について確認しましょう。
塾で生徒を見ている時間のみが収入になるのか、学習準備期間も収入になるのかでトータルの金額が大きく変わってきます。
事前の準備などに掛かる時間を含めると、滞在時間で割るととても小さな時給にしかならなかったということもありえます。
勉強を教える能力は資格などを必要としないので、勉強好きであれば誰でも行うことが可能です。
口コミなどで評判が高まれば時給はおのずとアップしていきます。

おすすめ情報