検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

仕事に求めるもの

どこでアルバイトをすることに、いちばんメリットがあるのでしょうか。
もちろん、そのようなことばかりを気にしていては、何も前に進みませんので、とにかく働き始めて、収入を得るに越したことはありません。
ところで、それがいいアルバイトかどうかは、どのような尺度で計ったらよいのでしょうか。
もちろん、その点で大きな尺度となるのが、時給でしょう。
働くことの目的がお金を得るためではないと言ったら、たいていの場合は偽りになってしまいます。
それで、時間給がよければいいほど、それはいいアルバイトということになるのではないでしょうか。
しかし、時給以外の要素もあるでしょう。
たとえば、交通費がかなり出るとか、食事が支給されるために、食費を浮かせることができるかもしれません。
または、そこでバイトをすることによって、何らかの恩恵にあずかることができるかもしれません。
たとえば、ひとり暮らしの学生にとっては、飲食店でのバイト、とくに居酒屋などは、メリットが大きいかもしれません。
時給も悪くはなく、深夜営業もしているため、夜間には時給が上がるかもしれません。
なんといってもうれしいのは、賄が出るので、食事を自分で作る手間が省けるでしょう。
それがメリットです。

新規開店を狙って

一方、お金のためにアルバイトをするとはいえ、それ以外にも目的をもって働きたいという、向上心のある方や、ビジョンをしっかり持っている人も大勢います。
たとえば、飲食店などの新規オープンするところの求職を狙って、オープニングスタッフとして働く人もいます。
なぜ、わざわざそのような店を探して、オープニングスタッフにこだわるのでしょうか。
それには、他の店では経験することのできない、彼らにとっては大きなメリットが存在するからなのです。
だいたい、新規オープンをするということは、市場調査などが事前に行なわれていても、オーナーですら、その商売が軌道に乗るかどうかさえわからないでしょう。
だからこそ、スタッフの方も、緊張感があると共に、使命感にも燃えて、なんとか少しでも早くお店を上手な状態で運営することができるように尽力するに違いありません。
その他にも、一からスタートするのは、お店だけではありません。
人間関係も、一から構築されることになります。
実は、これが大きなメリットなのです。
既存の人間関係ではなく、自分たちで作り上げていくものなので、その分強い使命感に燃えてすすめていくことができるでしょう。

おすすめ情報