検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

色々なシーンで活躍している

だれにでもできる仕事だからアルバイトを募集しているというイメージを持つかもしれません。
しかし、世の中には様々なアルバイトがあり、その中には非常に専門性が高いものがあります。
たとえば、研修医を経て、一人前の意志として地域医療に貢献するために、公立病院勤務を経験する場合や、大学病院に残って、研究をメインに働く医師がいます。
そのような医師は、そのまま働き続ける場合もあれば、独立開業する場合もあります。
または、ヘッドハンティングにあうこともあれば、他のところに転職することもあります。
その一例として、製薬会社で新薬の研究開発にあたる医師もいます。
なぜそのような選択をするのでしょうか。
もちろん、志望動機は様々だと思います。
それでも、たいていの場合は、ある程度自分の意思に基づいて、落ち着いた研究開発をすることができること、ストレスにさらされ続けながら仕事をする必要がないことなどが挙げられます。
とりわけ、命に関わる手術や、治療行為にあたる場合には、絶えず医療事故の危険と隣り合わせで仕事をしなければなりません。
また、大病院の中では、自分の思う治療方針が通らないこともあるでしょう。
そのために、ある程度自分の思う通りにできる環境があるならば、そこで仕事をしたいと思うのも当然ではないでしょうか。

フリーランス医師の生活

さて、最近ではアルバイト医師もいますが、フリーランス医師というのも存在します。
たしかに、どのような業界にもフリーランスで働く人がいて、場合によっては会社組織に所属しているよりも良い給料をもらっている場合も少なくありません。
もちろん、自己責任で行なっていくものだけに、収入の増減があっても、だれも面倒を見てくれません。
ところで、医師の場合は、特定の病院と、特定の時間帯契約をすることや、手術を一件単位で受注して行なうことによって、十分すぎるほど報酬ももらうこともできるようです。
そのように、フリーランス医師として働くことによって、大病院に勤めていたころには犠牲にしてきたもの、たとえば家族との時間や、自分の趣味に充てる時間などを買い取ることができた場合も少なくありません。
その他にも、医師の場合は、自分がこれまで務めてきた診療科ではなく、他の診療科に移動することもあります。
その理由としては、キャリアアップを図りたいということもありますが、その他の理由もあるようです。
自分の診療科には将来性がないと考えるまではいかなくても、やがて独立開業を考えるときに、医師の数に対する需要がそれほどないように思える場合もあるでしょう。
このように考えると、世の中には、さまざまな働き方があり、また様々な業種の人が、アルバイトやフリーで活躍していることわかります。

おすすめ情報