検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

免許を活かせるお仕事

せっかく運転免許や原付免許をとったのなら、アルバイトにも活かしてみてはいかがでしょうか。
運転免許があるなら運送会社や引越し会社のドライバー、第二種運転免許があるならデイサービスの送り迎えのドライバー、原付免許持ちならピザ店や出前店などのデリバリーサービスといったお仕事があります。
これらのお仕事は通常よりも高時給なので、手っ取り早く稼ぎたい人にもおすすめです。
それでは、自動車免許の種類や特徴について整理しておきましょう。
運送会社で配達のアルバイトをする場合は、軽ワゴン車や4トンまでの車であれば、普通自動車免許でも大丈夫です。
また、先ほど出てきた「第二種運転免許」とは、人を乗せることで報酬を得る営業運転の場合に必要となってくる運転免許のことです。
タクシーの運営にも必須の免許です。
他に、大型免許を持っていれば、幼稚園やスイミングスクール、自動車学校等の送迎のアルバイトをすることができます。
拘束時間が短い割に時給がよい、大型免許持ち必見のお仕事です。
人命を預かる責任のあるお仕事なので、安全運転を心がけてくださいね。
最後に、大型特殊免許があれば、豪雪地域の除雪のアルバイトができます。
冬限定のアルバイトで少々骨が折れますが、非常に高時給なのでやりがいがあります。

自動車以外の免許をとって、差をつけよう

自動車や原付免許以外にも、機械を操作する上で必要な免許を二つご紹介いたします。
まずはフォークリフト免許です。
この免許があれば、最大荷重が1t以上のフォークリフトを運転することができます。
もちろん、資格があれば時給がぐんと高くなりますよ。
この資格を取得するには、フォークリフトの教習もある教習所で「フォークリフト技能講習」を受け、試験に合格する必要があります。
講習は3日から5日くらい続きます。
普通免許を持っていると一部の講習が免除になり割安になります。
試験については、筆記と実技の二本立てとなっています。
次に、移動式クレーン免許もお仕事に活かすことができる優れものの資格です。
この資格には区分があり、(1)特別教育、(2)実技講習、(3)運転士免許の三つに分けられます。
上記では、数字が大きくなるほど、運転できる車体が大きくなります。
特別教育では、5000キロのクレーンのみを運転することができますが、実技講習では1t以上5t未満のクレーンを、運転士免許では5t以上のクレーンを運転することができます。
クレーン免許は経験がなくても講習を受けることができ、アルバイトのみならず就職にも有利な資格ですので、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報