検索フォーム
注目記事
人材派遣でアルバイト

予定派遣で働く

労働者派遣の形態には、紹介予定派遣と製造派遣の2つの派遣方法があります。
紹介予定派遣は、派遣労働者が派遣先で業務をスタートさせる前後で、正式雇用を前提にした派遣雇用契約を締結します。
派遣業者が新規に紹介予定派遣労働者を雇用する際には、その旨を書類で自治体に届けをし、許可をもらわなければなりません。
半年後、めでたく派遣先企業と派遣労働者との合意の元に正式雇用が明白になったときは、新ためて業者から派遣先に職業紹介という形で派遣労働者を紹介した事を届け出て、有料職業紹介業としての許可をもらわなければなりません。
この制度は、将来的に正社員として働きたいという労働者の人権を守るためのものですが、企業側にとっても大変都合の良い制度です。
労働局にあるような試用期間制度を使って労働者を受け入れた場合、初めから本採用義務が企業に課せられますが、紹介予定派遣のケースでは業者からの職業紹介を自社都合という理由付けで拒否できる権利もあるからです。
これをいたずらに乱用されてしまう危険性もあるため、基本ルールというものを政府筋では制定しています。
紹介予定派遣期間は半年以内であること、職業紹介を拒否する場合は、業者側に、意思表明しなければならないこと、紹介を受け入れ雇用した際には、試用期間は設定せず、即業務につかせること、賞与・退職金に関する企業側の姿勢を明確にすることなどが基本ルールとして設定されています。

紹介予定派遣の魅力

紹介予定派遣の魅力は企業側が労働者として雇用する前に、社員としての適正を労働者の実際の働きぶりから判断できること、労働者も企業側も、雇用の強要がありませんから、お互いに精神的負担を軽減できること、仮に労働者との合意が不成立に終わってしまった場合でも、特に正当な理由を持つ必要がないことなど良いことはいろいろあります。
このように企業側にとっても、雇用される労働者にとっても、メリットが大変大きい制度なのです。
アルバイトから正社員にキャリアアップしたいと思っている人、正社員としての高い人的資質がありながら、なかなか安定した就労に結びつかず、不本意にアルバイトという形に甘んじている人などは、特に、人材バンクなどに登録して、紹介予定派遣制度をうまく活用すれば、将来的に安定した雇用につなげていく道が開けるチャンスがあるのです。
また自分の希望に合致した職業を確実に選びたいと思っている人にも有効な手段と言えます。
もちろん、アルバイトも派遣も、それぞれにメリット、デメリットがあり、どちらにも優劣を付けがたい点はありますが、今社会で急増するフリーターたちを、アルバイト・パートというレベルから、少しでも安定雇用に結びつけ、社会経済の安定を図りたい政府としては、紹介予定派遣を少しでも多くの人に利用して欲しいところでしょう。

おすすめ情報